食品廃棄物と食品リサイクル法

一般廃棄物・産業廃棄物・資源ゴミ処理の流れはこちら

ヤマネさんに任せてよかった
リサイクルイメージ

京都市でも06年10月から家庭用ゴミ袋が有料化になりました。
食品にかかわる営業活動で発生した廃棄物は家庭ゴミとして処理できません。
今は食品関連業者の皆様による食品廃棄物の発生を抑えリサイクルに取り組む姿勢が強く求められています。
 
食品リサイクル法は食品関連業者が中心的な役割を担います。
食品関連事業者とは
1. 食品メーカーなど、食品の製造・加工業者
2. スーパー、八百屋さん、コンビニといった食品の卸売・小売業者
3. 食堂、レストラン、ホテル、旅館など、飲食店および食事の提供をともなう事業を行う方々が対象です。

株式会社ヤマネは食品関連事業者の方々の食品廃棄物を食品リサイクル法にのっとり迅速に、確実に、良心的な価格で引き取り取引工場でバイオガスに転換し発電に利用したり、残ったものは堆肥などにリサイクルして循環型社会に貢献している会社です。

一度ご相談ください。
「ヤマネさんに任せてよかった」そんな皆さまの声が私たちの励みです!